腎臓病の食事というと、食塩を減らすというイメージが強いが!?

もっとも適切な蛋白摂取量は、標準体重(とにかく、毎日朝晩二回測ることで、太りすぎを防いだり、ダイエットにも繋がるといわれています)で約0.8g/kgです。仮に標準体重(とにかく、毎日朝晩二回測ることで、太りすぎを防いだり、ダイエットにも繋がるといわれています)を約60kgとすれば、一日のたんぱく摂取量は、だいたい50gになります。たとえば、食品にふくまれる蛋白の量をしりたいときは食品標準成分表で確認できます。栄養士からのご飯指導で、これらの蛋白量に関する具体的な工夫について指導してもらうことも可能です。もし開業医さんでご飯指導まで行き届かない場合は、近くで腎臓内科のある病院を紹介してもらって、その上で、専門的な意見を頂いてもよいかと思います。腎臓病は遺伝性の腎炎から、感染などで後天的に起こるものまでさまざまですが、定期的に健康診断をうけ早期に発見し、病気と無縁の生活状態を意識することで健康的な生活を維持することが可能になります。ところが、腎臓病の中にはとっても進行するまで無自覚なものもあるために、現実的にはこれといった対策が難しいところがあります。判断材料として尿の状態があるので場合によっては、すぐに医師へ相談しましょう。日常の食生活において何をどのくらい摂取すればよいのか、メニューに関するアイデアや、減塩のポイントなどを教えます。低たんぱくご飯療法においては、治療用特殊食品の使用がメインとなりますから、その治療用特殊食品を紹介したり使用法なども教えます。現実に患者さんがどれくらいのたんぱく質や食塩の摂取量を確かめます。摂取量の計算方法として、日中の糞尿の検査をします。1日分の尿への尿素窒素やナトリウムの排泄量を見ることで、たんぱく質や食塩の摂取量を掌握します。腎臓病が進行して腎臓のはたらきが弱くなると腎不全といわれる状態になります。その内、急激に腎臓機能が低下する急性腎不全と、逆に長期にかけて徐々に腎機能が悪化する慢性腎不全があります。急性腎不全は、状態に応じた治療を実行し容体が悪くなった原因を理解・解決することによって、本来の腎機能を取り戻す可能性があります。一方、慢性腎不全では腎不全の進行に伴って腎臓の機能が徐々に失われ、腎機能は回復しません。腎臓という臓器はソラマメに似た形状をしていてどの辺りにあるかというと、ぴったり腰辺りの左右に一個ずつです。腎臓は糸球体という小さな血管が無数に存在するのです。この腎臓の主なはたらきはというと、たんぱく質の代謝によって生じた血液の中のいらないもの、老廃物や毒素といったものを尿の中に排出します。体内の電解質の濃度を一定に持続したり、さらに、赤血球を作るホルモンや血圧のバランスを整えたり、骨組織に必要なホルモンを作り出すなどの私たちの体にとって必要不可欠な役割を担っています。慢性腎臓病に関しては、腎臓の機能が明りょうに改善することは少ないので、機能の一つであるカリウムの排泄能力が衰退していくことが多く、体内へのカリウム摂取と体外への排泄の調整が必須条件となり、カリウムの摂取量を確認し軽減する必要があります。濃縮加工した野菜(新鮮な産地直送のものを買える直売所がブームになっているようです)ジュースは、生の野菜(新鮮な産地直送のものを買える直売所がブームになっているようです)や果物とくらべて大概はカリウム含有量が非常に高いです。もし、腎機能にハンデを負った患者さんが、野菜(新鮮な産地直送のものを買える直売所がブームになっているようです)ジュースを常時摂取している場合には高カリウム血症を発症する危険が高まります。腎臓病に罹患した方の増加が、近年問題になっています。この腎臓という臓器は背中のあたりに左右一つずつあり尿を作り体の中で不要となった老廃物を体の外に出したり、電解質の安定を維持したり、血液が酸性に偏らないようにしたり、血圧をコントロールしたり、赤血球を作るはたらきをしたり、私たちの体内でたいへん重要な機能を成しています。言うまでもなく、腎臓の治療は病院を来院し相応しい治療をうけることも先決ですが、日常的に健康的な生活を意識することが大切です。薬物療法とご飯療法がCKD治療の要となり、これらの積極的な管理がCKDの進行を抑制します。ご飯療法は減塩・蛋白制限が主となり、高血圧治療を容易にするには減塩食がふさわしく、かたや蛋白制限食においては腎機能の抑制効果が認知されています。CKDステージ3の場合、理想とされているのが減塩が一日6g・蛋白制限が体重(とにかく、毎日朝晩二回測ることで、太りすぎを防いだり、ダイエットにも繋がるといわれています)1kgに対し0.6g、この数値は日本人が一般的に摂取している塩分・蛋白のおよそ半分にあたり、大抵は蛋白制限食を美味しく感じない、カロリー摂取が満たされないなどで、実施に及ばない方も多々見かけます。腎臓の負担を軽くするためには、食塩制限が必要です。食塩摂取の適量は、一日6g未満とされています。市販で見かける加工品や塩蔵品をさけて、生の食品を摂りましょう。煮物や汁物などには、天然だしの使用をお奨めします。薄味でもおいしく食べることができます。肉・魚・卵・大豆製品・乳製品には、たんぱく質が多くふくまれます。たんぱく質の制限が必要な方に適した食品として市販でも購入できる「低たんぱく質食品」があります。まずは具体的な使い方に関して、管理栄養士に相談してちょうだい。腎臓の機能に異常が顕れた時は、健康体へもどることが難しく悪化すれば慢性腎不全になります。進行の回避には早期治療の開始が望まれ、近年の医療技術がそれを実現し、腎臓の機能低下の抑制に努めたり、悪化を食い止めることも不可能ではありません。もし、末期の腎不全になったとしても、いわゆる腎代替療法(透析療法や移植)とよばれるものには多種多様な治療法も増えているので、各々の条件に適した治療を選ぶ事が期待できます。おすすめサイト⇒腎臓病 宅配弁当 ランキング