腎臓病の宅配弁当はランキングサイトの口コミ等を考慮して選ぼう

クレアチニンは筋肉中に存在している物質から創り出される老廃物で、腎臓内で分解された末尿中に排出されます。クレアチニン量は、個人の筋肉や運動量に付随します。そのため、一般に女性より男性のほうが高値に出ます。筋肉の量が減れば、クレアチニン量もその分落ちていきます。また、妊娠すると、尿から排泄するクレアチニンの度量が多くなるため、クレアチニン値が低くなります。食事をして摂り入れ立たんぱく質は、人体の代謝機能によりエネルギーに移行しますが、一定値は老廃物に変わり血液中に残留します。血液は腎臓に流れて分離された末、老廃物は尿として排泄されます。たんぱく質を摂れば摂るほど、老廃物が増える事になるため、腎臓への負担が増えてしまいます。腎機能を保つためにも、無用なたんぱく質は摂らない方が良いのです。けれど、たんぱく質は人体を動かす重大なエネルギー源となるため、一定値は摂取しないといけません。肉・魚・卵・豆腐に関しては中々のたんぱく質が含まれていますし、食べ過ぎないように工夫する必要があります。甘い食べ物に関しても案外たんぱく質が多く入っているのです。オヤツには豆類や乳製品が内蔵されているため、エネルギーがほしいからと言って一気に食べると、たんぱく質をとりすぎてしまう可能性があります。例を挙げますと、ドーナツ1つ当たりには卵1個相当のたんぱく質が含有されています。腎臓病に悩まされる方に向けて、低たんぱく質で済む特定な食品が製造されています。食事管理をつづけていく上でこうした食品は不可欠でしょう。腎臓機能が悪化すれば、今よりも力を入れて食事を管理しないとならない状況に陥ります。更に、糖尿病(血液中のブドウ糖の濃度が高すぎ、血糖値やヘモグロビン(酸素分子と結合して、全身に酸素を運んでいます)A1c値が一定の基準よりも高いことをいいます)の症状もある場合は血糖値を悪くしないために、エネルギー量にも制限が生じます。食事内容は自己流で判断せずに、きちんとした知識をもつ医師や栄養士を頼るように心掛けましょう。浮腫がひどいときや尿量が少なすぎるときは、塩分と水分の制限を設ける必要性が出てきます。この際の制限の定義としては、飲み水の他、食品中における全水分が相当します。浮腫がなかったり軽い場合は制限が必要になるのは塩分のみです。制限時の水分量に関してはあくまでも現段階での病状や尿量を踏まえて医師が決めます。脱水は腎臓機能を悪化指せる要因になるので自身のみの判断で制限をおこなうのは宜しくありません。腎臓病を患った方がおこなう食事療法のポイントは、なるべく腎臓病を悪化指せない事と、体調を良好に保つことにあります。透析が必要無い保存期の間は、食事療法を試みる事で腎不全の進行ペースを抑えられ、透析導入を遅らせることができます。更に言えば、透析開始後も、なるべく体調を崩さずに透析に望むために、食事療法は非常に重要な治療法です。徹底した食事療法を手掛ければ腎臓病に罹っていても、体内に邪魔な老廃物や毒素がたまらなくなります。老廃物が無くなれば尿毒症を引き起こさず、腎臓病の悪化のペースを遅くできます。非常にうまくいくと、腎臓病の進行が止まっ立と言っていい程遅らせることが出来る場合もあります。食事療法の難しさはけっして制限の内容ではないんです。食事療法については、患者が自ら積極性を持って実行できる一番の治療行為です。カリウムは水に浸透しやすい事から野菜・芋類は小さめに切ってから水さらしもしくは茹でこぼしを終えてから調理に進みましょう。茹でる事でカット可能なカリウムの度合いは、使用する食品の種類や調理の際の処理時間や形状・水量によりちがいが出ます。数値で示す場合、ほうれん草等の葉物野菜が45%、いんげんなどの青豆類は30%当たりは削減できます。小さめに切ったり、茹でた後によく水を切ったり、搾るようにすると、より多く除去できます。腎臓病疾患に罹ると糸球体が損傷をうけるので普段通りに血液が通わなくなり、ナトリウムや水分が体外へ排出しづらくなります。同時に尿中に出されるはずの老廃物が、体内に増えてきます。その結果 窒素が血液中に増えて、尿毒症の元凶となったり、ナトリウムの数値が通常より増して高血圧(生活習慣病の一つだといわれています)を起こす危険性が高まります。そのため食事療法では、適正な塩分・水分・蛋白質・エネルギー量を摂りつづける必要があります。体における3大栄養素に糖質・たんぱく質・脂質が存在します。糖質と脂質は体内で燃焼されてしまえば水と二酸化炭素に変わるので、腎臓や肺にいつまでも残留する事はありませんが、たんぱく質に限っては分解されても7~8割は窒素を伴った老廃物に変わるため、排泄の際に腎臓に負荷が及びます。そのため、たんぱく質の制限が必要となります。体の機能を保つ上で最低限のたんぱく質の量は体重1kg換算0.6g/日であり、一日分で言えば30~40gに相当します。こちらもおすすめ⇒腎臓病 宅配弁当 口コミ